HOME > 人文学研究科について > 文学コース 国文学

文学コース 国文学

古代古典テクスト研究能力と確かな語学力に基づく分析能力により、文学的遺産を将来に継承できる人材・文化交流の架け橋となる人材を養成します。

教育研究分野について

日本の言語文化の特質について、また日本文化を通して見た人間の普遍性について研究する。前期課程ではテキスト解析能力の鍛錬等、後期課程では高度な研究能力の養成等を行う。

本分野では、古典文学、近世・近代文学、国語学、日本語教育学に教員が配置されており、学生の多種多様な研究テーマや進路志望に対応できるよう、国語国文学の諸領域をカバーしている。教員・在学生・卒業生による学会「神戸大学文学部国語国文学会」の機関誌『国文論叢』、院生の自主運営雑誌『国文学研究ノート』等、研究発表の場も豊富である。

教員紹介

教員名 専門分野
教 授 福長  進 平安時代の歴史叙述
教 授 鈴木 義和 日本語文法
教 授 田中 康二 日本近世文学
教 授 樋口 大祐 日本中世文学、東アジア比較文学
教 授 實平 雅夫 日本語教育学
准教授 石山 裕慈 国語学
准教授 梶尾 文武 日本近現代文学

リンク

ページトップへ