HOME > 人文学研究科について > 在学生の声

在学生の声

越田 早央里(国文学) 前期課程

「文系で大学院にいって何になるの?」という質問を受けたことがあります。あるいはこれを読んでいる方のなかにも同じような問いを持つ方がいるかもしれません。
 私は学部時代から国文学の近代ゼミに所属し、卒業論文では遠藤周作の作品を扱いました。もともとは学部で卒業して、高等学校の国語科教諭を目指すつもりでしたが、文学研究の奥深さを感じ、私なりの研究をしたいと考えて進学を決意しました。今も教員を目指していることは変わりません。大学院で深く文学作品と向き合うことは、私自身の引き出しを豊かにし、教壇に立った時にも役立つと思っています。
文学作品を読むということは対象ひとつだけを見つめるのではなく、そのテキストが持つ縦横のつながりを考えることでもあります。私はまだ研究の入り口に立ったばかりですが、作品の背後でうごめく社会の動きや人々の営みを垣間見たり、作者のなかに堆積されたものを見出したりすることに大きな意味を感じています。これは、どのような将来を歩むとしても糧になるものだと思います。
研究生活は孤独なものではなく、先生や仲間から様々な視点からのアドバイスをいただいて、幅広いものの見方を身につけられます。充実した研究を通し、自分自身の内面も豊かにしていくことができることでしょう。

太田 梨紗子(美術史学) 前期課程

美術史学修士一年の太田です。大学も神戸大学で、引き続き同じ研究室で勉強しています。私の専門は美術史学で、日本美術の勉強をしています。美術史という学問は高校の授業で触れることはなかったので、大学に来て初めてどのような学問かを先生方の講義で知り、興味を抱き自らの専修に選びました。私の出身は京都で、身近に神社仏閣があり、水墨画や仏像などの美術作品に出会う機会に恵まれて育ちました。それらがどのようにして作られ、どのように受容されてきたかを探ることは、その作品を知ることになるだけではありません。私たちの世代よりも前の人々がどのような考えをもち、どのように生きていたのかを探ることにも繋がります。私は近世京都画壇を研究していますが、この研究を通じて私が生まれ育った京都というフィールドが様々な人々によって育まれてきたことを知りました。
人文学は人間とはどのような存在かを探る学問ですが、美術史学は美術を通して美術の周囲にいた人々を探る行為だと思っています。私が神戸大学で引き続き研究を行いたいと思った理由は立地と研究室の熱心な雰囲気です。神戸大学は美術史を研究するにあたって周辺に美術館が多く、また、研究室の学生は皆さん意欲が高く、学生たちで見学に行き、意見を交換することが研究の助けになっています。

涌嶋 匠(西洋史学) 前期課程

私は他大学から神戸大学人文学研究科に進学してきました。西洋史を専攻しており中世イタリア都市を中心に研究しています。現在は、イタリア中部の一都市であるシエナの公共事業、特に、水道事業における都市と市民との関わりに関心があります。
神戸大学大学院への進学については学部時代の経験が大きく影響しています。第二言語としてイタリア語を勉強していたこと、短期のイタリアでの現地演習に参加したこと、これらの経験を通じてイタリアへの興味が高まり、研究を進める中で自身の語学力や専門的な知識をより深めたいと考えるようになりました。そこで、イタリア史が学べる神戸大学への進学を決意しました。また、自ら足を運んで大学院のゼミへ参加することで神戸大学の先生方や院生の実際の雰囲気を知ることができたのも、進学の大きな決め手だったと思います。
普段のゼミや日々の授業はもちろんですが、それ以外の時間でも、研究室を訪ねれば先生方にはいつでも気軽に相談に乗っていただけますし、先輩方もいつも私のことをよく気にかけてくださいます。そのため、入学当初の不安も次第に消え、楽しく充実した日々を送ることが出来ています。こうした環境が研究へのモチベーションに繋がるのではないでしょうか。
研究を進めていく上で外国語の文献や史料の読解は必須になりますが、院生が中心として行う勉強会や読書会も充実しており、外国語の読解力の向上や新たな知識の獲得もここで行うことができます。このように自分のペースで快適かつ自由に勉強や研究をしたい方に神戸大学はとてもおすすめだと思います。

近藤 祐子(ヨーロッパ文学) 後期課程

私は学士課程から神戸大学に在籍しドイツ文学を専攻しています。卒業論文から現在まで一貫して19世紀オーストリアの作家シュティフターの文学作品(および絵画作品)を研究対象にしています。博士前期課程では彼の長編小説『晩夏』(ドイツ文学に特徴的な「教養小説」の代表的作品)を題材に「見ること」を学ぶ主人公の成長過程を考察しました。その後、そのまま進学せずに教育業界に就職しました。ですが、社会に出て働きながら改めて「人間とは何か、教養とは何か」という問いが、生々しい感覚と共に再び立ち現れてきました。この普遍的な問いの答えを見つけるには、目の前の社会や環境だけでなく、先人達の知が詰まった古典の中を探さないといけないと思い、後期課程に戻ってくる決意をしました。現在、引き続き教育の現場で働きながら、視覚文化論、風景画論、思想史にまで範囲を広げて研究を進めています。人文学研究科には、この状況に理解を示しつつご指導くださっている先生方はもちろん、お互いを高めあえる先輩や後輩たちが多分野にいてくれて、研究を進める上での大きな支えとなっています。後期課程になってからは研究のための時間は限られている一方で、文学研究は「生きた学問」であるとの自覚から問題意識が明確になり、研究の焦点を絞れたことは大きな前進でした。文学作品との対峙の中で、大きな問いの答えを探していきたいと思います。

古賀 高雄(倫理学) 後期課程

私の研究テーマは、放射能の存在が課してくる倫理的・社会的・政治的問題を考えることにあります。この問題は、神戸と無関係というわけではありません。1995年、神戸大学が位置する阪神エリアは、阪神大震災によって大きな傷を受けました。神戸大学でも44名の犠牲者を出したと聞いています。そうした経験が、東日本大震災の被災地と神戸を結び付けています。たとえば、石巻や福島でフィールドワークを行った際に聞いたことですが、被災地で今でも活動を続けている神戸の方が多いそうです。それだけではありません。放射能問題に関しても、『放射線被曝の歴史』を書いた中川保雄先生や、阪神大震災の経験を受けて「原発震災」の危険性を訴えた石橋克彦先生などが神戸大学にいらっしゃいました。私自身、阪神大震災を経験したものとして、神戸という地で、そうした問題意識をささやかながら引き継いでいくことができればという思いがあります。
哲学コース(哲学・倫理学)の魅力は、一言で言えば、自由かつ多様であることです。たとえば、哲学コースがカバーする領域は、古代ギリシア哲学から近代日本哲学まで、非常に広範囲に及びます。それだけではなく、生命倫理やフェミニズム、科学技術論など、いわゆる古典研究や思想史研究にとどまらない学際的分野もカバーしています。哲学・倫理学の教員と学生が集まって行われる合同演習では、そうしたさまざまな領域を専門とする先生方からアドバイスを受けることができますし、そうした場以外でも、教員と学生との距離が非常に近いのが特徴です。また、学生同士の交流も活発で、さまざまな背景知識をもった人たちとの意見交換を通じて、自らの視野を広げることができます。それに加えて、眼下に街と海とが広がる神戸特有の風景―夜には「百万ドル」と称される夜景が広がります―が、哲学的思考にふさわしい心の開けを与えてくれるかもしれません。

小西 直喜(心理学) 後期課程

 私は学部生から神戸大学に在籍し心理学を専攻しています。現在、研究テーマとして道徳感情について取り組んでいます。近年、SNSなどの普及と共に不祥事の発覚をきっかけに、インターネット上で非難が殺到する「炎上」がしばしば見られます。なぜ私たちは自分とは直接関係のない道徳違反や芸能人の不祥事に怒り、非難するのかと疑問に思い研究を始めました。心理学は研究を行うために、実験室や調査に答えてもらう参加者、脳の動き、心拍の計測するための測定機などが必要となることがあります。本研究科の心理学研究室はそういった環境が整備されており、研究を行うにはとても恵まれた環境にあると思います。さらに本研究科は様々な分野によって構成されているため、密接な関係のない分野の先生の授業や研究会などに参加できます。また近年交換留学が盛んになり、国際的な交流がしやすい環境になっています。これらの他分野、多文化交流は広い視野を持つとても良い機会をもたらしてくれています。もし、興味がある方は是非一度本研究科にいらっしゃって下さい。博士課程は後期課程まで進むと最低でも5年間はその研究室に在籍することになります。その5年間を過ごす場所をぜひ自分の目で、耳で肌で確かめに来てください。例えば、自分がやりたい研究とその研究室で本当にできるのかは実際に話を聞かなければわかりません。インターネットや書籍で知る情報で研究室を決めるのでなく、実際に自分で見聞きした情報によって決めることでより良い研究生活をこれから送れるはずです。

劉 天羽(日本史学) 後期課程

私は、学部学生時代を、中国西安で日本語学を学んで過ごしました。その時、たまたま神戸大学大学院人文学研究科に進学していた先輩が、学会と調査のため同じゼミの日本人学生の方と一緒に大学に戻って来られたことがあり、私も彼らに同行しました。それがきっかけとなって、私は神戸大学に憧れ、大学卒業の半年後に研究生となり、さらに1年後に大学院博士課程前期課程に入学することができました。
私の専門は、昔から好きだった日本史です。現在は日本の大正時代の政治と軍事の関係をめぐって研究を進めています。日本の史学研究はたいへん実証的で、史料を読みこなす力が求められます。また、歴史研究者のあり方についての議論もさかんで、自分も日本の史学史、戦後歴史学の諸課題について積極的に勉強する一方で、ヘーゲル、ランケ、マルクスなどの先哲についても勉強したいと思っています。非史学系出身のため、学力不足を感じることもありますが、「自分のテーマ、自分の専門以外何も分からない者にならないように」という先生の教育方針の下で、毎日楽しく勉強できています。
人文学研究科の先生方は、学生たちとの距離がとても近く、厳格ながらも学生のことを第一に考えて接してくれます。また、先輩も私のために勉強会を開催してくれたり、悩みを聞いてくれたり、公私にわたって支援してくれます。そんな環境の中で、充実した留学生活が送れることは、たいへん幸せなことだと思っています。
なお、神戸大学附属図書館の蔵書量は厖大で、研究に必要な資料がとても簡単に入手できます。これは、資料不足にずっと悩んで学部生時代を過ごした私にとって、たいへん貴重な宝物です。

ページトップへ