HOME > 人文学研究科について > 人文学研究科博士課程前期課程修了者論文題目

人文学研究科博士課程前期課程修了者論文題目(過去2年間)

2018年3月 修了者
教育研究分野 論文題目
哲学 『テアイテトス』においてなぜ「プロタゴラス」が反駁されるか―ソクラテスの「産婆術」と「人間尺度説」の対立構造を手がかりに
意味の規範性と合理性―Davidsonを手がかりとして―
ソクラテス・プラトンと孔子の基本思想をめぐる比較考察―死に対する認知、徳、無知・不惑を中心に
倫理学 アーレント政治思想からみたインターネット公共空間の現代的諸相
メディアにおける責任の問題―ナショナリズムとの関係において
丸山真男のリベラリズム思想―苅部直と孫歌を中心とした考察―
マーサ・C.ヌスバウムの「嫌悪感」に関する考察―ヘイト・クライムを例に―
ティモシー・モートンの「ダーク・エコロジー」思想について―「人間と非人間との関係」の視点から―
国文学 「私小説」としての『苦海浄土―わが水俣病』―石牟礼道子における「主体」の成立―
無意志自動詞による可能表現の研究
南北朝期における伊勢という場と宗教言説
庄野潤三の一〇年間~五〇年代後半から六〇年代前半にかけて~
山東京伝の志向と考証―読本・合巻と『骨董集』との関わりを軸として―
『将門記』における叙述の多元性―貞盛・武芝関連表象を手がかりとして―
源高明准拠説の成立に関する研究
小松左京研究―『日本沈没』を中心に
ダロウに関する一考察―中国語母語話者への教育に向けて―
リービ英雄研究―言語論と「越境」を中心に
中国・韓国文学 現代韓国小説にみる役割語の考察
端木コウ良の作品における故郷描写について―「カルジ草原」を中心に
英米文学 Ways of Life in Mrs Dalloway: An Inquiry into Septimus,Clarissa,and Other Characters
Delay and Suspense in Bleak House
Trapped in Circles:Alienation and Shelter-Seeking in Daniel Alarcón's At Night We Walk in Circles
Joy Kogawa's Japanese Canadian Experience and Perspective:Ethnic Identity,Christianity and Pacifism
ヨーロッパ文学 ヴァレリーにおける「政治的なるもの」をめぐって
日本史学 享保期における出版統制政策―御条目立案過程の分析を中心に―
鎌倉末期~室町初期における大乗院諸引付にみる越前国坪江郷の支配構造
一九三〇年代の東京都制構想
神郡の成立に関する基礎的研究
東洋史学 五・三0運動期における中国の言論界――『嚮導』、『現代評論』、『京報副刊』をめぐって
心理学 規範違反状況における第三者による介入の進化心理学的研究
運動準備中における時間知覚の歪みに関する神経基盤
The Perimeter on the Ground
英語学習動機付けの網羅的調査―大阪府の公立中学校の実態調査―
注意が脳律動信号に与える影響
言語学 日本語の感情メタファー分析―感情の所在―
日本語教育におけるマイクロレクチャーの開発と利用に関する基礎研究―学習者の視点を中心に―
芸術学 グローバル時代におけるハリウッド映画のナラティヴ―『カサブランカ』と『バベル』における集中化と分散化の構造を中心に
北野武の映画作品における円環構造と逸脱―『ソナチネ』と『キッズ・リターン』を中心に
社会学 第二次世界大戦後の日本プロテスタンティズムの興隆―単立千里山基督教会の事例を通して―
EUにおける中国系新移民~フランスとスペインに移住した中国東北人を中心に~
香港における「全職パパ」の社会学的考察
中国内モンゴルにおける民族意識の動揺―モンゴル民族の意識とライフスタイルの変遷に関する社会学的研究
中国の対外教育政策と現地の受容―日本における中医薬系孔子学院を事例として―
中国人女性の越境するライフコース―日本への留学、就職そして帰国―
美術史学 アンリ・ルソー≪眠るジプシー女≫の制作背景について
円山応挙の仏画制作―慈照寺蔵「釈迦十六善神像」と大乗寺蔵「十六羅漢図」の成立をめぐって
近代工芸作品における古代技法の再解釈~六角紫水・清水南山の工芸技法を中心に~
毛沢東図像研究―「前進」表現を中心に―
地理学 大学生のキャリア意識と居住地選好―メンタルマップ研究の視点から―
場所イメージから再考する「阪神間モダニズム」―郊外住宅地芦屋の形成と変遷―
2017年3月 修了者
教育研究分野 論文題目
倫理学 陶行知によるデューイ教育思想の受容と実践
近代日本思想における技術と構想力―三木清と丸山真男―
平塚らいてうにおける「母性保護思想」の現代的意義―沈兼士の「児童公育」との比較を中心に―
Somaesthetics as a Mindful Way to Live Richard Shusterman on Pragmatism, Pain, and Liberation
国文学 上代・中古の助動詞ツ、ヌについて
中上健次における初期・中期作品の研究―「紀州サーガ」の生成と発展をめぐって―
依頼場面における文末表現の男女差についての研究
認識動詞「シル」「ワカル」の意味用法の研究
東アジアの歴史叙述における大内氏の表象
寺山修司研究:一九七〇年代アングラ文化のテクストにおける伝統と現代
中国と日本における中国人日本語学習者の自律学習に関する研究―学習行動と学習ビリーフを中心に―
中国・韓国文学 先秦から六朝期の韻文における植物表現
英米文学 The Representation of Edmund in King Lear
A Comparative Study between Toni Morrison's The Bluest Eye and Maxine Hong Kingston's The Woman Warrior
From a Submissive Black Woman to a Militant Activist: The Female Protagonist’s Development in Alice Walker’s Meridian
The Structure of Tragicomedy and the Audience´s Experience of Believing in The Winter´s Tale
ヨーロッパ文学 ボイアルドのORLANDO INNAMORATO におけるカタイの果たす役割についての考察
フランス文学における東日本大震災の表象についての一試論 ―3つの形式(日記、ノート、小説)をめぐって―
クライストにおける詩人と言語の問題について
無意味性の方へ:多和田葉子の作品世界における意味の解離について
日本史学 丹波国宮田荘の悪党事件
古代国家成立期における地域間交流の動態―瀬戸内海沿岸地域を中心に―
室町幕府直臣集団と故実の形成過程―将軍子息誕生儀礼の分析を通じて―
古代国家成立期における紀ノ川流域の集団関係についての基礎的研究
明治前期府県分合に関する基礎的研究―奈良県再設置運動を事例に―
国会開設運動における「愛国社」系「請願」の歴史的意義―「言路」と「公論主体」を巡って―
鎌倉・南北朝期の港湾をめぐる諸関係―摂播沿岸の港湾を対象に―
日本古代寺院造営に関する一考察 ―天平宝字五・六年石山寺造営を例に―
奈良時代における運送と交易に関する基礎的考察
第三次桂内閣の陸海軍対策―桂太郎の国防会議構想を中心に―
西洋史学 中世後期フィレンツェにおけるオペラ・デル・ドゥオーモ―羊毛組合と都市政府の間で―
中世盛期ジェノヴァのマグレブ交易―ベジャイアへの商業投資を中心に―
元首政期ローマ帝国における小アジア都市間の対立と和解
アメリカ合衆国におけるガリバルディ支援―支援団体の活動分析―
心理学 歩きスマホ時の足元知覚について
家族に対する義務感に関する日中比較研究
Genetic underpinnings of cultural variation in psychological tendencies: A comparison between Japanese and Canadian data
言語学 スペイン語を母語とする日本語学習者の名詞アクセント
日本語の英語借用語における渡り音/w/の適応
日本語における形容詞連用形構文の多重認知領域についての研究
日本語のリズムと超重音節について
芸術学 アピチャッポン作品における持続/断続―ナラティヴ、スチル、投影像をめぐって―
社会学 現代中国における高学歴女性の結婚意識―西安市の事例から―
族際婚姻と民族意識の社会学的研究―中国新疆省モンゴル人と漢人の婚姻を中心に―
現代日本の若者のナショナリズムの消費―メディア論的展開を中心に―
SNSにおける「人格」の研究―情報空間への相互行為論的アプローチ―
第三世代の私費中国人日本留学者に関する研究
国際移動とジェンダー観の変容―日本の国際結婚家庭における中国人女性を中心に―
中国高等教育における階層間の格差問題について
美術史学 フランク・ステラとパフォーマンス~「不整多角形」シリーズと「9つの夕べ―シアター&エンジニアリング」を中心に―
原三渓と日本近代美術
フリーダ・カーロと同時代美術
トマス・エイキンズの≪水泳≫について
大阪市中央公会堂特別室天井画・壁画について
河鍋暁斎筆「観世音菩薩像」に関する考察
「古法なし」再読―牧谿「観音猿鶴図」の墨竹の考察―陳澄波の風景画における人物表現
地理学 アルコール依存症の社会的構築とセルフヘルプグループという「場所」―断酒会における中高年単身男性の経験を事例として―
エスニック・コミュニティにみるエスニック景観の形成過程について―横浜中華街と神戸南京町を事例に―

ページトップへ