HOME > 人文学研究科について > 博士課程後期課程のキャリアパス

博士課程後期課程のキャリアパス

人文学研究科およびその前身の文化学研究科は、これまで数多くのすぐれた研究者を輩出してきました。学位を取得してすぐに常勤のポストを得ることが必ずしも容易ではない昨今の状況を踏まえて、人文学研究科では修了生を学術推進研究員や特命助教として研究科内のさまざまなプロジェクトやセンターで雇用するなど、修了生が定職に就くまでの支援を積極的に行っています。

修了者の就職状況

■文系学部・研究科や研究所の教員・研究員

神戸大学大学院人文学研究科教授、准教授、神戸大学大学院国際文化学研究科教授、東京大学史料編纂所教授、熊本大学文学部教授、新潟大学文学部教授、天理大学文学部教授、皇學館大学文学部教授、倉敷芸術科学大学教授、筑波大学現代文化系准教授、山口大学経済学部准教授、弘前大学人文学部准教授、茨城大学人文社会科学部准教授、島根大学法文学部准教授、上智大学文学部准教授、國學院大学文学部准教授、立命館大学文学部准教授、龍谷大学文学部准教授、都留文科大学准教授、京都文教大学総合社会学部准教授、防衛大学校人文社会科学群准教授、九州産業大学国際文化学部准教授、長崎大学大学教育イノベーションセンター准教授、追手門学院大学社会学部准教授、国際日本文化センター准教授、立命館大学映像学部講師、四天王寺大学人文社会学部講師、奈良工業高等専門学校講師、聖カタリナ大学人間健康福祉学部講師、慶応義塾大学文学部助教、中京大学国際教養学部助教

■理系学部・研究科や研究所の教員・研究員

東海大学健康科学部准教授、川崎医療福祉大学医療福祉学部准教授、神戸市看護大学看護学部准教授、東京大学工学系研究科特任准教授、東京農工大学農学部講師、九州工業大学情報工学部講師、川崎医療福祉大学医療福祉学部講師、理化学研究所研究員、産業技術総合研究所研究員、防災科学技術研究所研究員、理化学研究所研究員、玉川大学脳科学研究所研究員、Max Planck研究所研究員、株式会社JT研究員

■海外の大学の日本語、日本文学の教員(主として留学生)

北京大学東方学系(中国)、北京外国語大学講師(中国)、広州大学講師(中国)、山西大学講師(中国)、華南農業大学講師(中国)、安徽大学講師(中国)、華東理工大学講師(中国)、内蒙古大学講師(中国)、銘傳大学助理教授( 台湾)、文藻外語大学助理教授(台湾)、漢陽大学校国際文化大学日本語言語・文化学部助教授(韓国)、嶺南大学校文科大学日語日文学科副教授(韓国)

■文化関係の高度な学芸員、専門職員

ユネスコ北京事務所、奈良文化財研究所、京都国立博物館、台湾国立故宮博物院、北京中央美術学院、京都市歴史資料館、岩手県立美術館、越前町織田文化歴史館、孫中山記念会、神戸華僑歴史博物館、幕末と明治の博物館、大和文華館、佛教大学宗教文化ミュージアム、下関市美術館

■国際企業や海外の公務員(留学生)

日本三星、中国鞍山城市商業銀行、太平洋商事、甘粛省委弁公庁

修了者の活動状況

木村 洋

熊本県立大学准教授
2010年修了 神戸大学博士(文学)

私は2007年に文学研究科(修士課程)を修了し、2010年に人文学研究科(博士課程後期課程)を修了しました。2011年から熊本県立大学文学部に勤務しています。専門は日本近代文学です。

研究者の就職難については日頃からさんざん聞いていましたので、院生時代には二つの目標を持っていました。一つは日本学術振興会特別研究員に採用されることです。申請は二度失敗に終わりましたが、三度目の申請でどうにか採用されました。もう一つの目標は、有名な査読誌に論文を載せることです。そのために院生になってからは査読誌の論文を1日1編ずつ読むという習慣を課し、論文の書き方を研究していました。修士課程の頃には論文を書けずにいましたが、博士課程の頃に『日本文学』などの雑誌に論文を載せることができました。以上のことは多少は就職の際に有利に働いたように思います。

熊本の地で職を得てからは以前とは比べられないほど忙しくなりましたが、それでも自分が好きでやっていることが生活の糧となる今の境遇を幸福に感じています。

黄 美恵

文化大学日本語文学科助理教授
2008年修了 神戸大学博士(学術)

私は日本史学を専攻し、2008年に文化学研究科で学位を取得しました。翌年帰国の後、5年間にわたって台湾・高雄にある文藻外国語大学にて日本語教師として勤務していましたが、その後台北にある文化大学の日本語文学科に移りました。教学のほか、クラス担任もつとめており、生徒に対するあらゆる面の指導・支援をしています。学生たちの自発的な勉学意欲と成長ぶりが見られることは教師としての私の最大の喜びです。

院生時代には、素敵な先生方に恵まれ、ゼミの演習で史料の分析読解能力をはじめ、より広い視野をもって日本史や歴史学全体の問題の理解を深めつつ、様々な壁を越えて、研究に取り組みました。やっと一本の論文にまとめることができた喜びは忘れることができません。一番印象に残っているのは、大学院生の共同研究室で夜遅くまで残って院生同士で交流したり議論を交わしたりした後、帰りに煌く夜景を眺めながら通学路の坂を歩いて下ったことです。

神戸大学は、大阪湾・神戸市を一望できる自然にあふれる最高の環境にあり、優秀な教授陣及び充実した設備を備えています。人文学研究科は、人文学の知識と思考力、人間のありかたと実践力を教育プログラムで体現しています。そのような「知と実践の融合」の理念は、現在、私の教育・研究活動の信念であり、一生私を支えていくことでしょう。

藤木 篤

久留米工業高等専門学校講師
2010年修了 神戸大学博士(学術)

私は2000年に神戸大学文学部に入学して以来、修士課程( 当時はまだ博士課程前期課程という名称ではありませんでした) を経て、博士課程後期課程修了に至るまで、全て神戸大学文理農キャンパスで過ごしました。現在は、久留米工業高等専門学校に勤務し、工学倫理や環境倫理学等の授業を担当しています。

博士課程後期課程では、専門分野を深く追究する姿勢と、その前提となる基礎能力は、徹底的に鍛えられますが、それだけではありません。学生の自主性を最大限尊重しつつ、論文執筆や各種申請書の作成方法、あるいはその前段階としての資料調査や文献渉猟の方法などについても、懇切丁寧に指導を受けられます。

しかし、私にとって真に財産となっているのは、多様な教育・研究プロジェクトに携わる中で獲得した、専門分野のみに凝り固まらない柔軟な思考と研究スタイルの方です。私の場合は、科内研究組織「倫理創成プロジェクト」や文学部・経済学部・発達科学部の三学部が共同で起ち上げた「ESDプログラム」、大学院教育改革支援プログラム「古典力と対話力を 核とする人文学教育」などの活動に参加させていただきました。ひとつとして、内向きの、閉じられたものはありません。国内外の専門領域を異にする研究者や、行政・NGO等の実務者との交流が、研究の視野を広げてくれたことは間違いありません。振り返ってみれば、こうした活動経験が、最終的に自身の専門分野の理解を深めるための糧ともなったのだと思います。

人文学研究科では、求めさえすれば、望んだ以上のものが得られます。現在進学を検討されている皆さんの期待と要望にも、きっと応えてくれるはずです。

ページトップへ