HOME > 人文学研究科について > 文学コース 中国・韓国文学

文学コース 中国・韓国文学

古代古典テクスト研究能力と確かな語学力に基づく分析能力により、文学的遺産を将来に継承できる人材・文化交流の架け橋となる人材を養成します。

教育研究分野について

隣国である中国・韓国の文学と語学、及び文化背景を研究対象とする。授業は精確に一次資料を読むことを基本におきつつ、更に大胆な、オリジナリティのある解釈を施していくことを目標とする。学生の研究テーマは古典詩・小説、現代・同時代文学など多岐にわたっており、それぞれの関心に即して自由に論文執筆を進めていく。研究室は少人数で和気藹々とした雰囲気であり、交換留学などによる国際交流も活発に行われている。後期課程進学後は、博士論文執筆を第一の目標とすると同時に、学内外、また海外での研究会やシンポジウムで積極的に発言・報告してゆくことが求められている。

教員紹介

教員名 専門分野
教 授   釜谷 武志 中国古典文学
准教授   濱田 麻矢 中国現代文学
教 授   朴  鍾祐 日本近世文学、日韓比較文化
特任教授  張  業松 中国現代文学、当代文学

リンク

ページトップへ