神戸大学地理学教室について

地理学の概要

神戸巡検
▲ 神戸・旧居留地での巡検の様子(2011年11月)

 地理学とは、人間社会の基盤ともいえる「空間」を対象とする学問です。人間は土地と関係しながら生を営む生き物であり、社会はその舞台である空間を抜きにしては成り立ちません。ですから「空間」という視点からの問いは、人間の歴史や文化、社会や経済を根底から考えることにつながります。

 学問分野としての地理学には長い歴史がありますが、グローバル化する現代社会のなかでその視点はますます重要なものとなっており、哲学や社会学、心理学や建築学といった分野との対話と交流が世界的に広がっています。

 さまざまな土地を足で歩き、自分自身の目で風景や景観を観察し、そこに生きる人びとの声に耳を傾けるフィールドワークは、もっとも基本的な地理学の姿勢といえましょう。そこから自分なりの「問い」を生み出し、地図や文献や統計などの資料を読み解いたり、理論的な視点を磨いたりと、試行錯誤していくことが地理学の営みとなります。

 そうした営みを経ることで、現代世界を新しい視点で読み解くことができるようになるでしょうし、また、積み重ねた試行錯誤の経験は、これからの社会を歩んでいくうえでかけがえのない財産となるでしょう。

神戸大学地理学教室の歴史

 文学部に地理学専修が開設されたのは1994年です。神戸大学文学部の中でもまだ新しい専修ですが、歴史地理学、社会・文化地理学、地図史を中心に、教育研究で顕著な業績を挙げており、また多彩な人材を育成しつつあります。

 2017年現在、教員3名と非常勤講師が指導にあたり、院生9名、学部生13名が所属しています。

教員紹介

現在、地理学教室で指導に当たっている教員の一覧です。
※現在、リンクをクリックすると神戸大学研究者紹介へジャンプします。

教授 Professor

藤田 裕嗣

FUJITA, Hirotsugu

[専門分野] 歴史地理学

准教授 Associate Professor

原口 剛

HARAGUCHI, Takeshi   

[専門分野] 都市社会地理学

菊地 真

KIKUCHI, Makoto

[専門分野] 歴史地理学、環境史、文化財学

 このほか、非常勤講師が一部の講義を担当します。

研究員・学生紹介

 現在、地理学教室に所属している研究員・学生の一覧です。

研究員

PD

       

人文学研究科 博士課程後期課程

3回生

小谷 真千代

KOTANI, Machiyo

中川 祐希 NAKAGAWA, Yuki

2回生

川﨑 有里紗 KAWASAKI, Arisa

1回生

中島 芽理

NAKAJIMA, Meri

人文学研究科 博士課程前期課程

2回生

樋口 千恵子

HIGUCHI, Chieko

小田 孝広 ODA, Takahiro
小坂 聖 KOSAKA, Sho

1回生

島田 彬宏 SHIMADA, Akihiro    

文学部 学部生

4回生

上田 咲季

UEDA, Saki

 

 

小嶋 悠希江 KOJIMA, Yukie 岸本 遼太 KISHIMOTO, Ryota
長谷川 恵子 HASEGAWA, Keiko 藤井 達也 FUJII, Tatsuya
水島 雅仁 MIZUSHIMA, Masahito 増田 康太郎 MASUDA, Koutaro

3回生

小山内 花蓮

OSANAI, Karen

石川 詩真

ISHIKAWA, Shima

長江 裕昭

NAGAE, Hiroaki

 

 

       

2回生

荒武 叶子

ARATAKE, Kyouko

西﨑 亮太

NISHIZAKI, Ryota

河本 歩

KOUMOTO, Ayumu

 

 

研究生

研究生

井口琢人 IGUCHI, Takuto    

 

▲このページの上部へ