HOME > 教員紹介 > 原口剛

教員紹介

准教授 原口剛 HARAGUCHI Takeshi  [Webpage] [KUID]

履歴

  1. 1976年生
  2. 2007年3月 大阪市立大学大学院文学研究科博士課程修了・博士(文学)
  3. 2008年4月~2011年3月 日本学術振興会特別研究員(PD・神戸大学)
  4. 2012年10月~ 神戸大学大学院人文学研究科准教授

専門分野

社会地理学、都市論
フィールドワーク研究と理論研究という二つの方法から、現代都市の社会地理を探求しています。フィールドワーク研究では、寄せ場として知られる大阪の釜ヶ崎や港湾の戦後史、野宿者のコミュニティなどをフィールドとする研究を重ね、社会・空間的排除のメカニズムの解明や社会運動の動態の記述を目指してきました。また、理論研究の面では、アンリ・ルフェーヴルやデヴィッド・ハーヴェイなどの思想を手がかりとして、ポストフォーディズムやジェントリフィケーションといった現代的事象の把握を試みてきました。これらの視点から、現代都市社会を総合的に捉え、批判的に記述することを目指しています。

主な著書・論文

  • 『叫びの都市―寄せ場、釜ヶ崎、流動的下層労働者』洛北出版、2016年
  • ニール・スミス『ジェントリフィケーションと報復都市―新たなる都市のフロンティア』(原口剛訳)、ミネルヴァ書房、2014年
  • Marxism and Urban Culture(共著), Lexington Books, 2014年
  • 『釜ヶ崎のススメ』(共編著)、洛北出版、2011年

ページトップへ