Depertment of Geography, Kobe University

神戸大学文学部・大学院人文学研究科 地理学教室のWebサイトへアクセスいただきありがとうございます。
このサイトでは地理学教室の概要、演習や実習など教室の活動の様子を公開しています。

トピックス

研究会など

兵庫地理学協会・例会

5月27日(日) 巡検:午前「近現代における甲東園周辺地域の開発」9:30~12:00 集合、9時30分までに阪急今津線「甲東園」改札口(受付は9時15分より) 、コース:甲東園駅東側周辺~甲東園駅西側周辺~バス道沿い~甲東梅林付近~芝川邸付近~関学正門~新月池

午後:研究発表13:30~16:00、関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス文学部新館3階大会議室、発表タイトル「文献調査による温帯性ビーチロックの分布」「徳島県海岸部における南海地震の語り継ぎの現状と課題」「忘れられた研究者と明石東部の地形」

文化財保存全国協議会第49回西宮大会 6月23日(土)、24日(日) テーマ「都市開発と環境-自然と文化遺産を生かす-」

6月23日(土) 見学会「西摂の遺跡・資料館を巡る」8:30~17:30、大型バス1台 定員40人(事前申込、先着順、参加費5000円:バス代、昼食代、入館料、資料代込み) 主な見学地:高塚山、越木岩神社、田能資料館・田能遺跡、尼崎市立文化財収蔵庫、川西市文化資料館・加茂遺跡、伊丹廃寺跡、伊丹市立博物館、伊丹市立伊丹郷町館・旧岡田家住宅・酒蔵、御願塚古墳

6月24日(日) 大会9:30~16:30、参加自由、資料代500円、会場:西宮市民会館大会議室101/講演 「猪名川流域の古代寺院と氏族」小笠原好彦、「高塚山開発差止訴訟とまちづくり権」針原祥次/報告「高塚山の緑と古墳を守る運動(仮)」「名勝・奈良公園内のホテル建設問題」「横浜市上郷深田製鉄遺跡の意義と保存運動」「韓国・ソウル百済王城と日本の関連遺跡の保存・整備・活用問題」

人文地理学会 例会・研究部会(詳しくは学会HPをご覧ください)

政治地理研究部会 5月26日(土)13:30〜16:30、会場:新大阪丸ビル新館3階、発表「公共施設へのネーミングライツ導入と合意形成」畠山 輝雄(鳴門教育大学) コメント・原口 剛(神戸大学)

地理思想研究部会 6月9日(土)13:30~16:30、京都府立大学稲盛記念会館101教室、発表 「ポストフクシマの原発立地地域と地理学」 山本大策(Colgate University, USA) 、司会:森 正人(三重大)

都市圏研究部会 6月12日(火)18:00~20:00、大阪市立大学梅田サテライト文化交流センター大セミナー室、テーマ:Air Transport and Urban Development in the Asia Pacific region 講演者:Kevin O’Connor(Professorial Fellow, University of Melbourne)、 ゲスト司会:堤 純(筑波大学),松本秀暢(神戸大学)

地理教育研究部会 8月10日(金)地理教育夏季研修会◇午前・巡検(10:00〜12:00) テーマ:京都「駅西地区」の地域変化と再開発、集合・JR嵯峨野山陰線 丹波口駅改札口◇午後・研究発表(13:30〜17:00) テーマ:ESDの趣旨を踏まえた地理教育の在り方、会場:龍谷大学大宮学舎、「ESDの視点を加えたカリキュラム・マネジメント」山方貴順(奈良市立都跡小学校)「持続可能な社会づくりと地理教育の改善」柳沢彰紀(前京都府立洛北高等学校附属中学校)コメント:須原洋次(地理教育研究部会・龍谷大学)、講演「ESD先進国ドイツにおける地理教育の特徴」阪上弘彬(兵庫教育大学)

学内連絡

博士課程前期課程公開報告会:6月20日(水)10:55、A棟学生ホール前集合。11:00より報告20分、質疑5分。以降12:10までゼミとして質疑を行う。

神戸大学の展示など

海事博物館春季展:「近代神戸の航路をたどる ~開港150年を迎えて~」、「昔の神戸港 ~近代の移り変わり~」2018.3.26 Mo.~6.29 Fr.

更新情報

2018.5.2

トピックスを更新しました。

関連情報

地理学の参考図書 :【学生のみなさんへ】地理学に関する図書を、附属図書館のシステム(KULiP)で紹介中です。地理学(共通教育)、博物館資料保存論・文化財学、景観文化財学

▲このページの上部へ