神戸大学の展示・イベント紹介 2017

神戸大学には数多くの貴重な文化・自然資源が収集、保存されています。神戸大学では、これら学術資料を公開する企画展を、毎年開催しています。2015年度より、”サテライト巡回展”として、企画展をキャンパス内で巡回展示しています。最寄りのキャンパスで、貴重な資料をどうぞご覧ください。

阪神・淡路大震災と地域の復興―23年目の神戸と、地域・コミュニティの課題―

企画展「災害の記憶を伝える 阪神・淡路大震災と地域の復興―23年目の神戸と、地域・コミュニティの課題―」

概 要  2018年、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)から23年目をむかえます。神戸では時間の経過とともに、震災の風化も言われます。阪神・淡路大震災での経験や、そこから得た知識を、私たちはどれだけ活かせているのでしょうか。改めて震災23年目となる神戸から、災害の記憶を伝え、自然災害に人間社会がどう向き合っていくかを考える機会にしたいと考えております。

会 期  1月11日(木)~2月1日(木) 月~金曜8:45-21:30、土曜・日曜10:00-19:00。※1月12日(金)は17時閉館、13日(土)~14日(日)は休館。

会 場  神戸大学附属図書館・社会科学系図書館2階展示スペース /観覧料  無料

主 催  平成29年度震災復興支援・災害科学研究推進活動「災害資料の保存・活用の実践的研究:阪神・淡路大震災の知見を基礎として」、神戸大学附属図書館、神戸大学人文学研究科地理学教室

協 力  科学研究費補助金基盤研究S「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立:東日本大震災を踏まえて」(研究代表者・奥村弘)研究グループ/協 賛  神戸大学海事博物館、神戸大学附属図書館大学文書史料室、山口誓子記念館、誓子・波津女俳句俳諧文庫

問合せ  神戸大学人文学研究科(担当) 菊地mkikuchi☆lit.kobe-u.ac.jp 吉川yoshik☆port.kobe-u.ac.jp(☆を@に変えて下さい)〒657-8501兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1 078-803-5535または5523

 (チラシはこちらPDF)

サテライト巡回展・企画展

2017年(サテライト巡回展・全体案内チラシ、はこちら)

現在開催中です 「神戸における海技者教育100 年のあゆみ」11.17-2018.1.31、百年記念館(企画展パンフレットPDF巡回展目録PDFはこちら)

「誓子と海 ―神戸開港150年によせて―」常設展、百年記念館

「神大キャンパス今昔物語 ―神戸大学創立115周年記念―」2018.2.7-3.3、社会科学系図書館

「人文科学図書館テーマ 展示:神戸の“まち”とつながる―身近な文化財・景観散歩のススメ―」8.10-9.6、神戸大学附属図書館人文科学図書館(展示目録PDF)/「景観文化財の継承と活用」4.14-5.24:海事博物館、6.12-9.8:社会科学系図書館*/「神戸における海技者教育100 年のあゆみ」7.14-10.31、海事博物館;11.17-2018.1.31、百年記念館;2018.3.9-4.6、社会科学系図書館/ 「誓子と海 ―神戸開港150年によせて―」10.10-10.20、百年記念館/ 「神大キャンパス今昔物語 ―神戸大学創立115周年記念―」10.26-11.10、百年記念館;11.27-12.18、海事博物館;2018.2.7-3.3、社会科学系図書館/「近代神戸の航路をたどる―開港150年を迎えて―」10.13-12.19、社会科学系図書館/ 「災害の記憶を伝える 阪神・淡路大震災と地域の復興―23年目の神戸と、地域・コミュニティの課 題―」2018.1.11-2.1、社会科学系図書館

2016年度(サテライト巡回展・全体案内チラシ、はこちら) : 「神戸における海技者教育100年のあゆみ」7月15日(金)-10月31日(月)、11/21(月)-'17 1/25(水)、3/6(月)-4/6(木)(企画展パンフレットPDF 巡回展目録PDF)/「誓子と『京大俳句』」10月11日(木)-10月21日(金)/「近代にみる港町の神戸大学-神戸開港150年記念-」10月27日(木)-11月11日(金)、11/28(月)-12/14(水)、'17 2/6(月)-2/24(金)/「モダン神戸の光と影 ~「新聞記事文庫データベース」より~」10月14日(金)-12月20日(木)/「阪神・淡路大震災関連展示」'17 1月12日(木)-2月1日(水)*/「景観文化財の継承と活用:災害の記憶を伝える」'17 1月31日(木)-3月29日(水)*/地理学オープンセミナー、および関連図書展 「災害の記憶を伝える」神戸大学人文科学図書館ほか10月11日(火)-10月18日(火)*

2015年度 :「災害と文化財保存の歴史地理-阪神・淡路大震災20年を越えて-」2016年2月1日-6月30日*/その他「大戦中の日本商船、船員の姿」 (巡回展の目録pdf)、「誓子・波津女・実花 三人展-妻と妹と-」、「戦時下の神戸大学-戦後70年記念-」、「資料展 村上家文書の世界-近世×神戸×農村-」、「阪神・淡路大震災関連展示(リバイバル展示)」

2014年度:ワークショップ+展示会「歴史地震(貞観地震)に学ぶ津波の実態」 *

注1)それぞれの展示の詳細は、リンクをご参照の上、各会場・主催団体にお問い合わせください。企画展、サテライト巡回展いずれも、展示内容や日程が、一部変更される場合がございます。サテライト巡回展は2015年度から、神戸大学海事博物館と文学部文化財学講座が企画し、各機関の協力により実施しています。

注2)地理学教室の企画展資料のうち、*印のついたものは、神戸大学震災文庫デジタルアーカイブに収蔵されています。

▲このページの上部へ