文化財学講座

イベントのご案内(終了したもの)

2015年度

2014年度

2015年度

★2月1日より、地理学教室(文化財学講座)主催で、「災害と文化財保存の歴史地理」展を開催しています。開場は、深江の神戸大学海事博物館です。

★10月9日(金)に地理学実習の授業として、開催中の山口誓子展、村上家文書の世界展を見学しました。前者は俳句について、後者は神戸市花隈の古地図や古文書の展示で、地域の歴史と地理的広がりについて、思いをはせました。参加者は合計5名。

★灘・西灘駅周辺の巡検 :4月28日、文化財学の授業で巡検を実施しました。現地保存されている様々な文化財を実地に確認するためです。受講者や地理学の院生など、5名が参加しました。王子公園、神戸文学館、灘駅舎、敏馬神社、西求女塚古墳を見学しました。

2014年度

  

★文化財学講座では、2015年1月7日に景観文化財学の講義の一環として、学内文化財の見学会を実施します(「神戸大学の文化財建造物等と景観を考える」)。関心のある学生はお問い合わせください。

★百年記念館展示室で、大学文書資料室による「神戸大学史展~110年の歩みと展望」、山口誓子・波津女俳句俳諧文庫によるコレクション展「誓子と絵画」が開催中です。(2014.12.17.)

★のりものに関する博物館を紹介している、「のりもの博物館」のホームページに、海事博物館が掲載されました。

「第一次世界大戦開戦100年と青野原捕虜収容所展」 11月10日(月)~28日(金) 第一次世界大戦時、兵庫県にあった捕虜収容所について紹介。会場:百年記念館

大学文書史料室 特別展「官立神戸高商物語―水島銕也初代校長生誕150年記念―」10月23日(木)~10月31日(金) 神戸大学の礎である旧制官立神戸高等商業学校の、多彩な教育活動を紹介。会場:百年記念館

大学附属図書館 資料展「つたえる・つながる~阪神・淡路大震災20年~」第1期:10月17日 (金) ~ 11月16日 (日)、第2期:12月24日 (水) ~ 2015年1月29日 (木)。会場:神戸大学社会科学系図書館

★地域連携センター関連の展覧会です (1)「明石藩の世界2―藩士の日常―」9月13日(土)~10月13日(月・祝) 会場:明石市立文化博物館  /(2) 「義経の見た風景 ~小野市市場地区の古代・中世~」9月27日(土)~11月16日(日) 会場:小野市立好古館

★海事博物館では、大学博物館共同企画展として、「海路 -海港都市の発展とキリスト教受容のかたち-」を開催します。 西南学院大学博物館から始まった、巡回展です。兵庫会場:神戸大学海事博物館 11月10 日(月)~12月19日(金)(⇒海事博物館HPへ

★海事博物館では現在、企画展「船舶模型から学ぶ人・海・船~海運の過去・現在・未来」を開催中です。(⇒海事博物館HPへ

★8月23日(土)・24日(日)の2日間、海事博物館の企画展関連イベント「船の世界~先人の知恵とハイテクの集合~」が開かれました。会場は、大阪・梅田、ナレッジキャピタル・アクティブスタジオ(http://kc-i.jp/)。船舶模型の展示や、コンピューターによる操船体験プログラムも。

★海事博物館が、5月23日に日本船舶海洋工学会関西支部支部長賞を受賞しました。

 授賞理由:大小約20隻の和船模型をはじめとする和船関係資料や西洋型帆船模型・航海用器具・レシプロ期間模型等を有し平成16年より常設展示を一般市民に公開するとともに海事に関する企画展示や市民講座を開催し海事分野の発展と社会への啓蒙に大きく寄与してきたため。

▲このページの上部へ