神戸大学大学院 人文学研究科/文学部 哲学コース

活動履歴

近年の博士論文・修士論文・卒業論文

近年の博士論文題目

課程博士
  • 食見文彦「「食べること」の倫理的正当性をめぐる考察―スピノザとミードを手がかりとして」
  • 杉川綾「バーリンの価値多元論 その思想史的系譜と可能性に関する考察―公正としての正義から闘技的民主主義へ―」
  • 藤井千佳代「理性の可塑性―スピノザ認識論の生成史的研究―」
  • 志村幸紀「デカルト情念論研究―道徳への意志を支える情念の役割―」
  • 井上英昌「カントとJ.S.ミルの道徳理論に関する比較研究」
  • 稲岡大志「ライプニッツの幾何学的記号法に関する研究―「幾何学の哲学」としての幾何学的記号法―」
  • 本林 良章「共通感覚の現象学」
  • 八幡 さくら「シェリング芸術哲学における構想力」
  • 李 明哲「カント倫理学における「目的」概念の諸相」
論文博士
  • 沖野政弘「現代神学の動向―後期ハイデガーからモルトマンまで」
  • 向井守「マックス・ウェーバーの科学論―ディルタイからウェーバーまでの精神史的考察」
  • 山本道雄「カントとその時代-ドイツ啓蒙思想の一潮流」

近年の修士論文題目

2013年度
  • 無は可能か?―形而上学的ニヒリズムをめぐって―
  • ハイデガーにおける存在と政治―1930年代の著作を中心に―
  • プラトン『饗宴』と『パイドン』における魂の不死
  • 啓蒙・自律・政治―カントを中心として―
  • Individual and Political Freedom in the Nation State: Analysis based on the Political Philosophy of Foucault and Tanabe
2012年度
  • パースの後期哲学における実在論の擁護とその認識論上の意義(哲学)
  • A.N.ホワイトヘッドの中期自然哲学における測度概念についての考察(哲学)
  • ノートンの環境プラグマティズムに関する考察(哲学)
  • 『エウテュプロン』における敬虔概念について(倫理学)
  • 権力と人間―フーコーの思想からみる生政治と人間の死(倫理学)
  • 「信頼」に関する哲学的・社会学的考察  ―子どもの発達過程における意義を中心として―(倫理学)
2011年度
  • 'esse is percipi' はいかにして成立したのか(哲学)
  • カントのアンチノミー論について(哲学)
  • ニーチェにおけるソクラテス観(哲学)
2010年度以前
  • 初期メルロ=ポンティの哲学における反省の問題(哲学)
  • 現象学と精神病理(哲学)
  • カント哲学における道徳的判断と何か(哲学)
  • 異議申し立てとしての内的経験(倫理学)
  • メルロ=ポンティの哲学における理念性の問題と表現作用の歴史性について(哲学)
  • カルナップは『世界の論理的構築』において何を意図していたのか―知識の基礎付けの問題との関わりから(哲学)
  • フッサールはなぜ超越論的哲学へと向かったのか?-「全体と部分の理論」を手がかりにして―(哲学)
  • シェリングの講義『芸術の哲学』における構想力(哲学)
  • 後期西田哲学における「日常性の世界」―行為、他、現実の多次元性をめぐって(倫理学)
  • 価値多元論に基づく共存社会への構想―アイザイア・バーリン「自由論」の批判的継承に向けて―
  • クーンにおける共約不可能性の意義について
  • スピノザ『エチカ』第一部における実体一属性論の研究―ゲルーの解釈の批判的検討
  • フレーゲにおける判断線について
  • カントにおけるニュートン批判と自然科学の基礎付けについて―合理的物理学における「力」に関する考察―
  • ディルタイ論考
  • 三木清の協同主義―戦時体制とその変革に関する考察―
  • 身体の構築と抵抗(ジュディス・バトラー論)

近年の卒業論文題目

2014年度
  • スポーツにおける観客の役割
  • 出生前診断における「命の選別」について
  • 懺悔と主体の変容
  • 進化論からみる道徳の起源について
  • 「自由の実現」をめぐって
  • ベルクソンにおける心身問題
  • H.アーレントの政治哲学について
  • 環境に対する人間の関わり方としての技術
2013年度
  • 潜在性と可能性-偶然性に関する九鬼周造の考察を手がかりにして-
  • ハンナ・アーレント『人間の条件』の「許し」と「約束」の概念について
  • メディアにおける暴力表現とその規制に関する倫理学
  • 宗教における「有限と無限」、「自己と他者」について
  • 躾が及ぼす心理的タブー
  • プラグマティズムの現代的意義
2012年度
  • アイデンティティの政治
  • 戦争論
  • 「死ぬこと」の考察
  • フィロンのロゴス論に関する考察
  • ストア派の倫理学について
  • ベルクソンの生の哲学について
  • <宗教>への一考察
  • アリストテレスの倫理学について
  • 悪と赦しについて
  • ボランティア」についての哲学的考察
  • 行動主義における心的記述のはたらき
2011年度
  • 身体と心の関係から考える人工知能
  • Intellect in Emotion: Arguments from Aristotle's Rhetoric and Nicomachean Ethics
  • ハイデガー『存在と時間』における死と共同存在
  • メルロ=ポンティの知覚論―奥行を掴みとるまなざし―
  • 心身の階層性と相互依存―認知神経科学および仏教的観点から―
  • 「描く身体」とマチエールのキアスム-メルロ=ポンティのセザンヌ論に関する批判的考察-
  • 遊ぶ主体の変容―ホイジンガからフロー理論まで―
  • アリストテレス『詩学』におけるミメーシス概念とその現代的意味
  • プラトン『饗宴』におけるエロースの上昇について
  • 眠れる森の美女パラドックスとの比較から見る多世界解釈における確率解釈
  • 音楽という言語-記号としての音楽
  • 音楽と哲学
2010年度
  • ケアの倫理学から「嘘」を考える
  • 『哲学探究』における「否定」について
  • ニーチェの道徳観の現代的異議
  • より良き思考への思考 ―パース認識論研究―
  • プラトン対話篇におけるソクラテス研究
  • ユーモアの「愉快さ」とその遊戯的性質の考察―モリオールの理論を出発点として―
  • 公共空間における他者認識の諸問題
2009年度以前
  • 後期西田哲学<行為的直観>の概念における自己と他者―西田のハイデガー批判をめぐる<死>と<汝>
  • 医療資源のミクロ配分について―平等主義の限界と功利主義の有効性―
  • 『クリトン』における擬人化された国家の議論の位置付け
  • 香川県豊島産業廃棄物不法投棄事件における世代間倫理について
  • カントの「感性」(空間・時間)と形而上学
  • ニーチェの認識論
  • アリストテレスにおけるエウダイモニアとアクラシア
  • ハイデガーの存在論―形而上学構想について―

pagetop