メタ科学技術研究プロジェクト:方法・倫理・政策の総合的研究

ご挨拶

 神戸大学では、自然科学系先端融合研究環に続き、平成28年4月に、神戸大学先端融合研究環、人文・社会科学系先端融合研究領域が発足しました。本研究プロジェクトは、社会科学系教育研究府に人文科学系領域を加え、同年10月に人文学研究科、法学研究科、経済学研究科、人間発達環境学研究科、国際文化学研究科の教員有志で立ち上げ、開始したものです。

お知らせ

研究成果の報告を行いました。
2018年5月20日に神戸大学で開催された、第77回日本哲学会の公募ワークショップの場で、「責任ある研究とイノベーションとは何か――科学技術社会論と応用哲学の観点から考える」と題して、本研究の成果を発表しました。松田毅(神戸大学)「原因と責任――重層的把握に向かって」、標葉隆馬(成城大学)「RRIを巡る議論と学術コミュニティの課題――未来に対するケアはどのように行いうるのか?」、藤木篤(神戸市看護大学)「RRIは萌芽的先端技術にどう向き合うか:ジオエンジニアリングと遺伝子ドライブを事例に」と題して活発な議論を行いました。
(なお、標葉氏は、同じ領域開拓プログラムの「RRIの新展開のための理論的・実践的研究-教育・評価・政治性に注目して」(平成29年から32年)の代表です。)NEW
「日本学術振興会: 課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業(領域開拓プログラム(研究テーマ公募型))「責任ある研究とイノベーション」の概念と「社会にとっての科学」の理論的 実践的深化」に採択されました。
  • (研究テーマ名 「生命・環境技術の社会実装に関する先端融合研究 -21世紀型参加のビジョンと試行- (Advanced and integrated research about social implementation of bio and environ mental technologies ―the vision and trial for the participation in 21th century)」。期間 平成29年10月~平成32年9月)
ホームページを開設しました。
PAGE TOP