HOME > 教員紹介 > 小山啓子

教員紹介

准教授 小山啓子 KOYAMA Keiko  [Webpage] [KUID]

履歴

1971年生まれ。2000年九州大学大学院比較社会文化研究科博士後期課程単位取得退学。2000-02年リヨン第2大学第3課程に留学。2003年博士号(比較社会文化、九州大学)取得。日本学術振興会特別研究員、熊本県立大学・福岡大学非常勤講師、九州大学助手を経て、2005年神戸大学文学部講師、2006年助教授。

専門分野

近世フランス史
これまで近世フランスは「絶対的」な王権を軸に中央集権化が進んだと考えられ、ヨーロッパの主権国家や国民国家の典型とされてきました。しかし近年の研究では、こうした見方を相対化する統治の実態が、様々な点から具体的に明らかにされつつあります。私はおもにフランス東南部の都市リヨンをフィールドとして、国王儀礼や都市祝祭、あるいは地方から王権への請願や交渉の分析を行い、近世の都市が王権や国家と切り結んでいた関係のあり方を地方の視点から考察してきました。史料として私が特に注目している都市議事録は、国王行政にとっても情報源であり、年代記と同様に王国の記憶の一部でした。この文書作成の担い手である都市エリートの心性や、都市アーカイヴズの成立・発展についても検討しています。近年は、16世紀のリヨンにおいて急増した移民と都市空間の変容についても研究を進めています。

主な著書・論文

  • 『フランス・ルネサンス王政と都市社会―リヨンを中心として―』(九州大学出版会、2006年)
  • « Les députés de Lyon en cour et l’art des communications de la ville et du pouvoir royal au XVIe siècle », Parliaments, Estates and Representation, 2018, pp. 1-14.
  • 『フランス史研究入門』(共著、山川出版社、2011年)
  • 『ウィーンとヴェルサイユ―ヨーロッパのライバル宮廷1550〜1780―』(翻訳、刀水書房、2017年)

ページトップへ