HOME > 教員紹介 > 野口泰基

教員紹介

准教授 野口泰基 NOGUCHI Yasuki  [Webpage] [KUID]

履歴

1979年生。2005年総合研究大学院大学生理科学専攻(博士課程)修了。 カリフォルニア工科大学博士研究員などを経て、2009年から神戸大学文学部講師。

専門分野

認知神経科学
専攻は脳内における視覚情報処理です。私たちが日常生活で常に感じている視覚的表象(イメージ)が、脳内の神経細胞(ニューロン)の電気活動からどのように形成されるかを調べてきました。最終的には記憶や注意など、より高次な心のはたらきにも注目し、それらが電気活動という物質的な現象からどこまで説明され得るのか、ということを明らかにしたいと考えています。

主な著書・論文

  • Noguchi Y., Fujiwara M., Hamano S. (2015). Temporal evolution of neural activity underlying auditory discrimination of frequency increase and decrease.Brain Topography, 28:437-444.
  • Noguchi Y., Kimijima, S., Kakigi, R. (2015). Direct behavioral and neural evidence for an offset-triggered conscious perception. Cortex, 65. 65:159-172.
  • Tachibana, R., & Noguchi, Y. (2015). Unconscious analyses of visual scenes based on feature conjunctions. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 41(3), 639-648.

ページトップへ