HOME > 教員紹介 > 平井晶子

教員紹介

准教授 平井晶子 HIRAI Shoko  [Webpage] [KUID]

履歴

1970年生。1999年総合研究大学院大学文化科学研究科単位修得退学。2002年総合研究大学院大学博士(学術)。日本学術振興会海外特別研究員・ケンブリッジ大学客員研究員を経て、2007年より神戸大学大学院人文学研究科准教授。

専門分野

家族社会学・人口学
家族とは何か、私たちの家族生活はどのようにして今あるかたちになってきたのか、いかにすれば多忙な現代社会のなかでワークライフバランスを保てるのか。これらの課題を考えるにあたり、近世から現代までという300年のタイムスパンで家族の変化を考察し、現代を歴史的に位置づけるとともに、人口学的方法を駆使し、マクロ/ミクロ両面からの実証分析を展開する。近年は東アジアとの比較も積極的に進めており、歴史というタテ軸に加え、比較というヨコ軸からも、目の前の家族を相対化し、現代家族を読み解く試みを続けている。

主な著書・論文

  • 『家族研究の最前線② 出会いと結婚』(共編著、日本経済評論社、2017年)
  • 『徳川日本の家族と地域性』(共著、ミネルヴァ書房、2015年)
  • ‘Ie’ in Western Society?: Historical Empirical Study for the Paralleling and Contrasting between Japan and Europe, (共著、Matuyama University、2013年)
  • 『歴史人口学と比較家族史』(共著、早稲田大学出版部、2009年)
  • 『日本の家族とライフコース』(単著、ミネルヴァ書房、2008年)

ページトップへ