HOME > 教員紹介 > リチャード・ハリソン

教員紹介

教授 リチャード・ハリソン Richard HARRISON  [KUID]

履歴

生年、1959年11月23日。1976年から1984年まで英国でSEとして勤務。1988年英シェフィールド大学日本語学科日本語学/言語学学位取得。同年から英国のニューカッスル大学とスターリング大学で日本語教師。1994年に豪州へ移民し、メルボルン大学日本語学科で日本語教師。1998年モナシュ大学教育学部大学院修士課程教育工学専攻修了。同年国際交流基金関西センターで日本語専門員。1999年名古屋大学留学生センター助教授を経て、2003年10月に神戸大学留学生センター助教授。

専門分野

教育工学・日本語教育・言語学
イギリス人です。イギリス、オーストラリア、日本で日本語を教えてきましたが、自分が元留学生ですので、いつも学習者の立場から日本語学習を見ており、毎日新しい発見があります。専門は教育工学で、常に語学教育をより面白くて楽しいものにするため、社会構成主義という理論を中心にコンピュータで何ができるかを考えています。もっと学習者の学習行動、最適な学習 環境構築などを考えていかなければならないと思っています。一緒に考えて行きませんか?

主な著書・論文

  • Larke R, Harrison R, (2000) WebQuests, Remei Publishing, Tokyo (in Japanese)
  • Harrison, R. (1997) ‘Using Digital Video for Listening Comprehension’ in Debski, R. et.al.(Eds) Language Learning Through Social Computing, Applied Lingusitics Association of Australia Occasional Papers, No.16, pp99-107
  • Toyoda. E., Harrison, R., (2002) CATEGORIZATION OF TEXT CHAT COMMUNICATION BETWEEN LEARNERS AND NATIVE SPEAKERS OF JAPANESE, Language Learning & Technology, Vol. 6, No.1, pp. 82-99

ページトップへ