HOME > 教員紹介 > 油井清光

教員紹介

教授 油井清光 YUI Kiyomitsu   [KUID]

履歴

  1. 1953年生れ
  2. 昭和54年(1979) 4月 神戸大学大学院文学研究科入学(修士課程院生)
  3. 昭和56年(1981) 3月      同上     修了
  4. 昭和56年(1981) 4月 神戸大学大学院文化学研究科入学(博士課程院生)
  5. 昭和61年(1986) 12月     同上   単位修得退学
  6. 昭和62年(1986) 1月 神戸大学大学院文化学研究科助手
  7. 昭和63年(1988) 10月 神戸大学文学部講師
  8. 平成6年(1994) 8月 神戸大学文学部助教授(平成12年より教授)現在に至る

専門分野

社会学
主にアメリカの社会学理論、とくに学説史をやってきた。まず基礎理論からはじめて、と思いながら、生涯、基礎理論で終わるタイプであると思っているが、この10年ほど、現代的なトピックスにもかかわるようになってきた。マクドナルド化論、グローバル化論、マンガ・アニメ論、身体の社会学など、である。海外での集中講義や講演で、どうしてもそのような話題にふれる。普段の授業でもそれらは学生の興味をひくことがある。そういう循環になってきている。

主な著書・論文

  • 『主意主義的行為理論』、恒星社厚生閣、1995年
  • 『パーソンズと社会学理論の現在』、世界思想社、2002年
  • 「パーソンズから「身体の社会学」へ(『身体の社会学――フロンティアと応用』、共著、世界思想社、2005年)

ページトップへ