HOME > 教員紹介 > 大橋完太郎

教員紹介

准教授 大橋完太郎 OHASHI Kantaro  [KUID]

履歴

1973年生まれ。博士(学術)。1996年京都大学文学部卒業。2000年京都大学大学院文学研究科修士課程修了。2003年東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。2006年同博士課程単位取得退学。2009年同課程博士取得。2009年ベルギーブリュッセル自由大学哲学科自由研究員、東京大学特任研究員。2010年東京大学特任講師。2011年神戸女学院大学文学部専任講師。2014年同准教授。2015年10月神戸大学大学院人文学研究科准教授。

専門分野

芸術学・表象文化論
17世紀以降のフランス近現代を中心に、世界や社会のなかで感性的なものや美的なものが果たす役割を理論的に考察している。キーコンセプトは、「身体」「視覚/触覚」「百科全書」「食」「動物」など。具体的な作品やテキストを主たる分析対象にして、芸術作品や芸術的な行為のなかに人間が人間であるための不可欠な条件を見出せるのではないかと考えている。

主な著書・論文

  • 著書『ディドロの唯物論』(法政大学出版局、2011年)
  • 論文「ミシェル・フーコーの思考における芸術の非人間性について」(『美学芸術学論集』第12号、2016)
  • 共訳 カンタン・メイヤスー『有限性の後で』(共訳、人文書院、2015)など。

ページトップへ