HOME > 教員紹介 > 長坂一郎

教員紹介

教授 長坂一郎 NAGASAKA Ichiro  [Webpage] [KUID]

履歴

1966 生。1998年東京大学大学院工学系研究科博士課程精密機械工学専攻修了。1993年株式会社フェイズ計画研究 所研究員、1998年神戸大学工学部リサーチアソシエイト、1999年神戸大学工学部機械工学科助手を経て、2002年神戸大学文学部助教授、2007年同准教授。

専門分野

デザイン理論
「デザインする」という行為について理論・実験の両面から研究している。理論的な研究としては、クリストファー・アレグザンダーのデザイン理論を媒介としてデザイン理論の歴史的変遷の見直しを進めている。これと平行して、与えられた空間の中でのユーザーの振舞いを記録・分析し、人の行為の流れに見られる傾向を体系化する実験プロジェクトも進めている。今後は、これらの知見を統合し「デザインすること」と「使うこと」をつなぐ「機能的デザイン理論」の構築を進めていく。

主な著書・論文

  • クリストファー・アレグザンダーの後期理論の思想的背景, 日本建築学会計画系論文集,78(686):925-933, 2013.
  • クリストファー・アレグザンダーの初期理論における思想的背景(その2),日本建築学会計画系論文集,75(658):2989-2997, 2010.
  • Constructive Mathematics and Its Implication to Theory of Designing, Design Principles and Practices: An International Journal, 3(5):303-314, 2009.

ページトップへ