HOME > 教員紹介 > 真下裕之

教員紹介

准教授 真下裕之 MASHITA Hiroyuki  [KUID]

履歴

1969年生まれ。1997年京都大学大学院文学研究科博士後期課程中退。京都大学人文科学研究所助手を経て、2005年神戸大学文学部助教授。

専門分野

南アジア史、イスラーム史、インド洋海域史
南アジアにおけるムスリム社会の歴史を、南アジア史の流れと、隣接する諸地域との交流関係という二つの視点から総合的に解明することが私の研究の目標です。前者の視点に関しては、ムガル帝国時代の歴史書に関するヒストリオグラフィー研究を行ってきましたが、現在はこうした基礎研究を踏まえて、国家制度史の研究に取り組んでいるところです。また後者に関しては、ペルシア語文化圏やインド洋海域という新たな切り口から、イスラーム関係資料ばかりでなく、欧語資料も用いて研究を進めています。

主な著書・論文

  • 「クトゥブ・シャーヒー朝の起源に関する諸説とその周辺:インド洋西部海域における人的移動の諸相」西南アジア研究 86 (2017)
  • 「近世南アジアにおける人的移動の記録と記憶 : デカンのムスリム王朝の出自説をめぐって」守川知子編『移動と交流の近世アジア史』北海道大学出版会 (2016)
  • 「ムガル朝インドの写本と絵画」小杉泰 / 林佳世子編『イスラーム 書物の歴史』名古屋大学出版会 (2014)

ページトップへ