HOME > 教員紹介 > 奥村弘

教員紹介

教授 奥村弘 OKUMURA Hiroshi  [Webpage] [KUID]

履歴

  1. 1960年2月8日、名古屋市生まれで大阪市で育つ。
  2. 1979(昭和54)年4月 神戸大学文学部入学
  3. 1983(昭和58)年4月 神戸大学大学院文学研究科修士課程(史学専攻)入学
  4. 1985(昭和60)年4月 神戸大学大学院文化学研究科博士課程(社会文化専攻)入学
  5. 1986(昭和61)年3月 同上 退学
  6. (職歴)
  7. 1986(昭和61)年4月 京都大学人文科学研究所助手
  8. 1991(平成3)年4月 神戸大学文学部助教授に昇任
  9. 1995(平成7)年6月 神戸大学大学院文化学研究科博士課程担当
  10. 2006(平成18)年4月 神戸大学文学部教授に昇任
  11.            神戸大学地域連携推進室副室長

専門分野

日本近代史
主な研究領域は、地域社会の形成のあり方の分析を中心とした、日本近代国家および近代社会の形成過程の特質の解明。この視点からの神戸市の形成史や「満洲国」における地方統治のあり方についても研究を展開。神戸市、姫路市、小野市、三田市等の自治体市編纂にも関与。阪神淡路大震災以降は、地域遺産の保存活用の実践的研究についても、歴史資料ネットワーク代表委員、内閣府「文化財保護と防災まちづくりに関する委員会委員」等として展開。文学部の地域連携センター事業責任者として、この分野での大学と市民との連携事業を展開。

主な著書・論文

  • 「地方統治における満洲国協和会の位置――満洲国協和会第七次全国連合協議会の分析をとおして――」(山本有造編『「満洲国」の研究』京都大学人文科学研究所、1993年、PP.157-189)
  • 「地域社会の成立と展開」(歴史学研究会日本史研究会編『日本史講座』第7巻、近世の解体、東京大学出版会、2005年4月、PP.65-97)
  • 『大震災と歴史資料保存』(吉川弘文館、2012年)

ページトップへ