HOME > 教員紹介 > 増本浩子

教員紹介

教授 増本浩子 MASUMOTO Hiroko  [KUID]

履歴

1960年生。1987年広島大学大学院文学研究科博士課程後期中途退学。1997年博士(文学)(広島大学)。姫路獨協大学外国語学部助手、講師、助教授、教授をへて2007年10月より神戸大学人文学研究科准教授、2010年4月より同教授。

専門分野

現代ドイツ文学・スイス文化論
これまでフリードリヒ・デュレンマットの演劇論と戯曲を中心に、ドイツ語圏スイスの現代文学を研究対象としてきた。デュレンマットは晩年には演劇活動から離れて、文学的素材の歴史を語ることによって自分自身の人生を語るというユニークな趣向の自伝的作品を残している。この作品を通して、自伝というジャンルの可能性について考察することが最近の研究テーマである。また、スイス人作家によるスイス批判にも関心がある。スイスは1291年の建国以来、多言語・多文化の国であり続け、現在のように世界中で多文化主義が声高に語られるずっと前からポスト国民国家の理想的な形態を実現してきた。が、その一方で、解体することなくひとつの国としてのまとまりを保持するために特殊なナショナル・アイデンティティを必要とし、その偏狭さが多くのスイス人作家たちの批判の的となっているのである。このような文脈の中で、スイスのナショナル・アイデンティティをめぐる政治的言説と文学との関連を探ることも研究課題のひとつである。

主な著書・論文

  • 『フリードリヒ・デュレンマットの喜劇』(三修社、2003年)
  • 『デュレンマット戯曲集 全3巻』(鳥影社、2012-2015年、共訳)
  • 「1940年代のデュレンマットの文学活動と精神的国土防衛」、日本独文学会研究叢書117(葉柳和則編『チューリヒ劇場と文化の政治』)2016年、81-97頁。

ページトップへ