第111回地理思想研究部会・第3回政治地理研究部会 合同研究部会

<発表者の事情により中止となりました>


日 時:2012年11月3日(土)13:00〜17:00
会 場:公立学校共済組合奈良宿泊所 春日野荘
   (奈良市法蓮町757-2 Tel 0742-22-6021)
   近鉄奈良駅またはJR奈良駅より,奈良交通バス西大寺駅行または航空自衛隊行きにて佐保小学校前下車すぐ(下記ウェブサイト参照)。

http://www.kasugano-so.co.jp/access/

テーマ:地中海境界都市の政治・文化地理

趣 旨:オランダで活躍中の政治・文化地理学者お二人をお招きし,地中海ヨーロッパの周縁に位置するモロッコ・タンジールとイタリア・トリエステの二都市を取り上げ,変動するヨーロッパ空間の「境界」におかれた都市の歴史的・政治的・文化的変容を多面的に議論します(部分通訳付き)。

研究発表

Luiza Bialasiewicz (University of Amsterdam):New Euro-Mediterranean Geographies: Re-mapping Tangiers(地中海ヨーロッパの新しい地理:タンジールの再地図化)

Claudio Minca (Wageningen University):Trieste: Cultural/Political Border Geographies (of Absence)(トリエステ:文化的・政治的な(不在の)境界地理)

連絡先:山ア孝史(大阪市立大学) E-mail: yamataka@lit.osaka-cu.ac.jp

※発表論文は以下のURLからダウンロードいただけます。
Luiza Bialasiewicz http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/user/yamataka/Bialasiewicz20xx.pdf
Claudio Minca http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/user/yamataka/Minca2009.pdf