title

本ホームページ上の画像、その他の著作権は全て東京国立博物館に属しており、一切の許可なき転載を禁じます。

Last updated at 5 Jun. 1998


中近東の染織 −松島コレクション−

会期:平成11年1月5日〜3月14日
会場:東洋館第3室

 古来遊牧生活が発達した中近東では、様々な生活必需品が羊・山羊の毛を素材として作られてきた。松島コレクションは、今世紀の初頭から中頃にかけて遊牧諸民族が作り、実際に使用した敷物・袋物・衣服をはじめとする大コレクションで、東はインド亜大陸から、西は小アジアに至る広い領域をカヴァーしている。その民族・地域に固有の技法で作られ、伝統的な模様で飾られた作品群だが、生活様式の変化とともに、現在すでに廃れつつあるものばかりである。

  

臙脂地菱繋ぎ幾何学文様綴織敷物 イラン・ロリ族

次ページ    前ページ


return美術史研究室に戻る

このページは、東京国立博物館学芸部東洋課からの要請に応え、神戸大学文学部美術史研究室が制作したものです。

mailarthist@kobe-u.ac.jp  本ページに関するご意見、ご質問をお待ちしております。