title

本ホームページ上の画像、その他の著作権は全て東京国立博物館に属しており、一切の許可なき転載を禁じます。

Last updated at 5 Jun. 1998


横河コレクションの中国陶磁

会期:平成10年3月31日〜6月28日
会場:東洋館第5室

    横河民輔氏(1864〜1945年)は工学博士、建築家、実業家として活躍され、中国陶磁を中心とする古陶磁の収集家として知られている。当館は、昭和7年(1932)から昭和18年(1943)にかけて、約1200点もの作品の御寄贈を受けている。
 横河コレクションには数多くの名品が含まれているばかりでなく、中国陶磁の壮大な歴史を理解しようとする氏の独自の視点で収集されており、網羅的・体系的なコレクションであることが大きな特色となっている。

白釉黒字白花牡丹文枕 磁州窯・北宋

次ページ    前ページ


return美術史研究室に戻る

このページは、東京国立博物館学芸部東洋課からの要請に応え、神戸大学文学部美術史研究室が制作したものです。

mailarthist@kobe-u.ac.jp  本ページに関するご意見、ご質問をお待ちしております。