title

本ホームページ上の画像、その他の著作権は全て東京国立博物館に属しており、一切の許可なき転載を禁じます。

Last updated at 5 Jun. 1998


高島コレクションの中国書画

会期:平成10年3月31日〜5月24日
会場:東洋館第8室

    高島菊次郎氏は、明治8年福岡県の生まれ。明治33年東京高等商業学校を卒業、王子製紙株式会社社長などの要職を歴任されて、製紙業界に多大な功績を残された。そのコレクションは早くから内外に知られ、高い評価を得ていたが、高島翁は昭和40年春に278点を寄贈。翁の没後、昭和44年には光子夫人が、また昭和59年にはご子息の泰二氏が遺愛の作品を寄贈され、その総数は339点におよぶ。

次ページ    前ページ


return美術史研究室に戻る

このページは、東京国立博物館学芸部東洋課からの要請に応え、神戸大学文学部美術史研究室が制作したものです。

mailarthist@kobe-u.ac.jp  本ページに関するご意見、ご質問をお待ちしております。