大坪庸介 (OHTSUBO, Yohsuke) in English

最終更新日:2016年9月2日
神戸大学大学院人文学研究科 准教授
Evolutionary Social Psychology Lab
<研究分野>
進化社会心理学
<関心領域>
コストリー・シグナリング、協力行動

学歴・職歴・所属学会

<学歴>
1990年3月 長崎県立佐世保西高等学校 卒業 
1994年3月 北海道大学 文学部 卒業 
1996年3月 北海道大学大学院 文学研究科 修士課程 修了 
2000年8月 Northern Illinois University, Department of Psychology 博士課程 修了 


<職歴>
2000年6月〜2002年3月 北海道大学大学院 文学研究科 助手
2002年4月〜2006年3月 奈良大学 社会学部 講師
2006年4月〜2007年3月 奈良大学 社会学部 助教授
2007年4月〜現在      神戸大学大学院 人文学研究科(文学部併任) 准教授


<所属学会>
Human Behavior and Evolution Socieity
American Psychological Association
Socieity for Personality and Social Psychology
日本人間行動進化学会
日本心理学会
日本社会心理学会
日本グループダイナミックス学会

主要な業績

Tanaka, H., Ohtsuki, H., & Ohtsubo, Y. (2016). The price of being seen to be just: An intention signalling strategy for indirect reciprocity. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 20160694.

Yamaguchi, M., Masuchi, A., Nakanishi, D., Suga, S., Konishi, N., Yu, Y.-Y., & Ohtsubo, Y. (2016). Experiential purchases and prosocial spending promote happiness by enhancing social relationships. Journal of Positive Psychology, 11 (5), 480-488.

Yamaguchi, M., Smith, A., & Ohtsubo, Y. (2015). Commitment signals in friendship and romantic relationships. Evolution and Human Behavior, 36 (6), 467-474.

Konishi, N., & Ohtsubo, Y. (2015). Does dishonesty really invite third-party punishment? Results of a more stringent test. Biology Letters, 20150172.

Ohtsubo, Y., & Yagi, A. (2015). Relationship value promotes costly apology-making: Testing the valuable relationships hypothesis from the perpetrator’s perspective. Evolution and Human Behavior, 36 (3), 232-239.

大坪庸介 (2015). 仲直りの進化社会心理学:価値ある関係仮説とコストのかかる謝罪 社会心理学研究, 30 (3), 191-212.

Tanaka, H., Yagi, A., Komiya, A., Mifune, N., & Ohtsubo, Y. (2015). Shame-prone people are more likely to punish themselves: A test of the reputation-maintenance explanation for self-punishment. Evolutionary Behavioral Sciences, 9 (1), 1-7.

Ohtsubo, Y., Matsunaga, M., Komiya, A., Tanaka, H., Mifune, N., & Yagi, A. (2014). Oxytocin receptor gene (OXTR) polymorphism and self-punishment after an unintentional transgression. Personality and Individual Differences, 69, 182-186.

Ohtsubo, Y., Matsumura, A., Noda, C., Sawa, E., Yagi, A., & Yamaguchi, M. (2014). It's the attention that counts: Interpersonal attention fosters intimacy and social exchange. Evolution and Human Behavior, 35 (3), 237-244.

北村英哉・大坪庸介 (2012). 進化と感情から解き明かす社会心理学 有斐閣

Ohtsubo, Y., & Watanabe, E. (2009). Do sincere apologies need to be costly? Test of a costly signaling model of apology. Evolution and Human Behavior, 30 (2), 114-123.


連絡先

〒657-8501 兵庫県神戸市灘区六甲台町1−1
神戸大学文学部心理学研究室
e-mail: yohtsubo@lit.kobe-u.ac.j (最後の"j"の後に"p"を補ってください)