研究室紹介

日本史学研究室の沿革
日本史学専修の教育
日本史学研究室の一年
卒業論文・修士論文・博士論文一覧

日本史学専修の教育(学部)

 日本史学専修では、卒業論文の作成を重視し、そのために必要な基礎的な技能が身に付けられるよう、以下のような学年別の講義・演習を用意しています。但し、これらは年度によって変わることがあります。

1年生前期
  • 史学入門。史学講座(日本史・東洋史・西洋史)の教員によるオムニバス形式の入門講義です。
  • 人文学導入演習(日本史)。文献講読とフィールドワークを通じて大学における日本史学の研究と出会う演習形式の授業です。
後期
  • 人文学基礎・日本史。前期開講の人文学導入演習の発展演習です。
  • 専修決定。文学部で学ぶ専門分野を決定します。

※専修決定までに開講される史学入門・人文学導入演習・人文学基礎(日本史学)は、日本史学専修へ進むために必ず履修していなけらばならないわけではありません。同時に、他の専修で学びたいと考えている学生の皆さんの受講も可能です。

2年生前期
  • 3年生との合同演習(日本史演習)。日本史学専修3年生の学生と一緒に史料講読あるいは文献講読を行い、日本史学の研究に必要な基礎的な力を身に付けます。
後期
3年生前期
  • 2年生との合同演習(日本史演習)。日本史学専修2年生の学生と一緒に史料講読あるいは文献講読を行い、日本史学の研究に必要な基礎的な力を身に付けます。
後期
  • 卒業論文演習(日本史演習)。学生は卒業論文のための準備報告を行い全員で討論します。准教授以上の教員全員が出席します。
4年生前期
  • 卒業論文演習(日本史演習)。
後期

 このほか、専任教員や非常勤講師によって開講される日本史特殊講義・日本史演習などを選択履修します。また、資料解読技能を身に付ける古文書学、史資料学、歴史遺産の保全・活用を学ぶ地域歴史遺産保全活用基礎論、地域歴史遺産保全活用演習などが開講されています。専修決定までに開講される史学入門、人文学導入演習(日本史)、人文学基礎(日本史)は、必ずしも履修していなくてもかまいませんが、日本史学専修を希望する学生には、特に履修を勧めています。さらに、地域歴史文化の保存・活用能力を高める観点から、フィールドワークも重視しています(研究室旅行はそのための重要な機会と位置づけています)。
 なお、以上のような科目のほか、卒業のためには、幅広い人文学的素養を身に付けるため、東洋史学・西洋史学・地理学の開講科目や、他の文学部開講科目も履修しなければなりません。また、教員免許や学芸員資格の取得を目指す学生には、必要な科目が用意されています。

このページの先頭に戻る