HOME > 教員紹介 > 松田毅

教員紹介

教授 松田毅 MATSUDA Tsuyoshi  [Webpage] [KUID]

履歴

1956年生。1985年京都大学大学院文学研究科単位修得退学。1989年PhD.(ドイツ連邦共和国オスナアブリュック大学)。九州芸術工科大学助教授を経て1997年神戸大学文学部助教授。2003年4月より教授。

専門分野

哲学および環境倫理学
ライプニッツを中心にした近世哲学史研究とその現代的解釈を通して広く認識論(知識の哲学)に取り組む一方、生活世界、科学、人間の認識的・規範的構造連関の解明をフッサール現象学、言語哲学・科学哲学の研究から行っている。近年は「メレオロジー」の観点からの存在論の研究および生物学の哲学にも取り組んでいる。
また、アクションリサーチも取り入れながら、我が国の環境運動の歴史と現状を踏まえ、リスク論の観点から学術的かつ臨床的な応用哲学の構築を志している。

主な著書・論文

  • “Leibnizian naturalism seen from his reception of Anaxagoras’s “perichôresis”The Journal of Philosophical Ideas, Special Issue, 2017年
  • 「被災の時間 復興の時間―課題としての阪神・淡路大震災と東日本大震災」、Contemporary and Applied Philosophy vol.8 2016年
  • “Leibniz and “Biology” ” Selected papers of The 2nd CCPEA. 2016年
  • 「ライプニッツの様相論」『哲学』65号日本哲学会編、2014年
  • 『部分と全体の哲学―歴史と現在』春秋社 編著、2014年
  • "Leibniz on Causation:From his definition of cause as 'coinferens' ". Studia Leibnitiana Sonderheft.37.2010年
  • 『哲学の歴史』第5巻、共著(「ライプニッツ」担当)、中央公論新社、2007年
  • 『ライプニッツの認識論』単著、創文社、2003年

ページトップへ