HOME > 教員紹介 > 菱川英一

教員紹介

教授 菱川英一 HISHIKAWA Eiichi   [Webpage] [KUID]

履歴

1953年生。1983年3月 京都大学大学院文学研究科修士課程英語学英米文学専攻修了。神戸大学文学部助教授を経て、現在、神戸大学大学院人文学研究科教授。

専門分野

米文学・詩学
これまでは英米の19-20世紀の詩を、中世ロマンス語文学以来の詩史を視野に入れて研究してきた。近年は主として英語およびアイルランド語の近現代強勢拍リズム詩の韻律を探求している。書かれた詩だけでなく、口承される詩、唄われる詩一般に関心がある。院生には文学作品の音と意味との連関について意識的になるよう薦めつつ、自主的な取組みを促している。

主な著書・論文

  • (著書)A Concordance to Arnaut Daniel’s Poems, Kobe University, 1989.
  • (論文)「連鎖の感覚―ロシアとアイルランドの口承性」(日本詩学会会誌「SAP」第10号、2002、pp. 37-45)
  • (翻訳)『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(シャーウィン・B・ヌーランド著、岩波書店、2003年)
  • (共著)『今を生きるケルト―アイルランドの言語と文学』(英宝社、2007年)

ページトップへ