HOME > 教員紹介 > アントン・アリーナ・エレーナ

教員紹介

特任講師 アントン・アリーナ・エレーナ ANTON Alina Elena  [KUID]

履歴

専門分野

研究の中心はアジア系アメリカ人による文学である。特に、ヨーロッパという視点で北米の日系アメリカ人や日系カナダ人のアイデンティティや文学を調査している。現在は(1)アジア系アメリカ人はメディアや映画等での表現形式・(2)日系南北アメリカ移民の物語は日本の博物館でどのように展示されるのか?というテーマに関心を持っている。これらに加えて、ゴシック小説やアメリカにおけるタフガイと男らしさの文化的伝統などの授業も行っている。

主な著書・論文

  • (論文)“The country I had thought was my home: David Mura’s Turning Japanese: Memoirs of a Sansei”. Annals of the Institute for Research in Humanities, Kyoto University,2016.
  • (論文)“The loved one is always the Other.” Romanian Journal of Artistic Creativity 1.3(2013).
  • (論文)“It’s a wonderful night for eyebrows” (intuition and nonsense literature). Romanian Journal of Artistic Creativity 1.3(2013).
  • (論文)“Invading the Female Body: Skewering the Silence in Nora Okja Keller`s Comfort Woman,” in Mapping Identity Politics:Differences and Bridges, Iasi: Institutul European,2012.

ページトップへ