神戸大学大学院人文学研究科倫理創成プロジェクト

アスベスト問題に関連する研究成果や情報

アスベスト被害聞き取り調査―平田忠男氏 [2007-05-09]

page 1 2

平田忠男

お役に立てますかねえ。

松田毅(神戸大学大学院人文学研究科教授)

どうも、本当にありがとうございます。去年5月に尼崎のアスベスト問題に関するシンポジウムを行い、秋には泉南の問題で弁護士、薬害研究者などにお話いただきました。私たちは哲学・倫理学の観点でアスベスト問題を考えております。

平田

直接ね、あれはないけどね。

松田

科学技術の問題と絡めて重要な問題として取り組んでいます。神戸大学は阪神大震災以来、地域の問題を歴史、社会学などが取り組んで来ました、哲学、倫理学も尼崎は近い場所なので、身近な問題として取り上げていくべきであると考えております。学生や大学院生には被害者の方、現場の方から直接お話を聞く機会はありません。書かれた物を通して聞くことが多いので、良い経験であるので、お話を聞かせて頂いております。昨年度も5人ほどの方からお話を聞きし、同じ形で記録を録らせていただいます。長い時で4時間ぐらいお話を聞いたこともあります。

平田

まぁ一応、被害者の方?

松田

そうですね、前回は武澤さんからお話をうかがいました。武澤さんは弟さんが亡くなられてますので、お母様とお兄さんの二人から、ツバメ団地でお話を一度聞きました。ありがとうございます。

わたしたちは文学部の人間です。医者でもマスコミや法律家でもないので、一番基本的なところでアスベストの被害がどう現れているのか、被害者の方、ご家族の方のライフヒストリー、生活史の中に位置づけるような形でお聞きしたいと考えています。あまりマスコミに語られていない部分についてもお聞きできる機会ですので、是非お話し頂き、歴史的記録としたいと思います。

お住まいはクボタの工場の近くでしたね?

平田

そうなんですよ、端的にいいますとね、これは昭和36年頃の航空写真らしいんですけどね、これがねクボタがここですね。尼崎の駅がここですよね、こう、こうだからあって、それでここの前ですね、郵政の角田寮というのがあったんですよ、ここにね。ちょうどこの、道路、道を挟んで北側です。こちら、この辺の地理はご存じですか。

松田

たしかこれがツバメ団地ですね。

平田

ここですね。市営住宅、県営住宅ですね。それからマンション、団地なんですね。昔はこれみな平屋の市営住宅で。

松田

そうですね、ここにあるわけですね。

平田

今はスーパーになってるんですけどね、写真がね、この間行ってきて、このアスベストの関係で訪ねてきたりして。こうした方が見やすいですね。これはあれですわ、NHKの放送記者が家に来たときですね、母親が一応。これは朝日新聞の記者です。これは一番最初に取り上げた毎日の記者ですね。この人は新聞記者です。これはご存じですね。

松田

ああ、分かります。今の写真ですね。

平田

これがクボタですね。

松田

今日見たでしょう、電車から。

杉川綾、高野翔(ともに神戸大学人文学研究科博士前期課程)

はい。

平田

それで、これがクボタ、前はここにあったんですね、ここにね。それで今、我々はこの角田寮というのがね、この丸八スーパーだったんですね、これクボタの方から撮った写真です、スーパーね。

松田

弟さんがお生まれになったのは何年ですか?

平田

昭和22年です。

松田

で、お兄さんは?

平田

私が18年。

松田

生まれたときからそこにお住まいだったのですか?

平田

じゃないです。生まれたのは私は大阪市の方で、戦後、戦争中やからね、岡山に疎開しとって私が小学校に入るときにここに移ってきたんですわ。昭和25年です。そのときは弟も一緒でしたけど。それまでは郵政の、西淀川の、塚本の駅前の寮に半年ぐらいおったんかな。それで寮ができたというんでかわってきたんです、だから塚本の小学校には一ヶ月ぐらいしか行ってないです。それですぐ4月の終わりぐらいに転校してきて、だから昭和25年から43年まで。就職して2年目のときまでですわ。

松田

昭和36年頃に粉じんがものすごくたくさん飛んでいてお母様の方が苦情を言ったというお話をお聞きしています。

平田

ええ、奥さん連中5、6人で行ってますわ、事務所の方ですかね、工場のです、伝えとくぐらいの返事やったんちゃいますか。

松田

それほど危険意識はまだ当時としてはなかったのでしょうか?一般の何か埃がたっていると。

平田

ええ、埃が立って、窓ガラスの桟がね、白い綿埃みたいなもので、それから雨上がりの日に黒いこうもり傘を干すと真っ白やったりとかいうことも何回もありましたね。

松田

真っ白い?

平田

ええ、雪が積もってますよね、ふわふわした、ああいう感じ、それが傘の上に白く。白と黒やからコントラストははっきりとしてますよね、白いコンクリの上に積もったって分かりませんから。それで印象に残っているんです。

松田

今から考えてみた時に積もっていたのが、どの種類のアスベストだったかは?

平田

そんな知識はあるわけなかったです。アスベスト自体の存在もね。白っぽい綿埃みたいなのが飛んできているというのは確かに[分かりましたが]。

松田

子供の小学校一年生、二年生のときにそこに住まれ、昭和35年だと10年ぐらいたっているわけですが、その間の10年間で白い綿埃が積もっているというのはずっとあったのでしょうか?それともある時期から非常に増えたとか?

平田

区切りというのは意識してはないですね、やっぱり30年代を過ぎてから意識しだしたというかね。

松田

逆にそれはもうよくあることだった?

平田

ええ、クボタの記録によれば昭和29年から使い出したというのは。こっちはもう一昨年の6月のクボタの発表で気がつきましたね、全然気がつきませんでしたね。まあこんなに飛んできたら体に悪いだろうなあとは思っていたけども。それがアスベストだというのは知識もなかったし。当時自体、工業地帯でね、日本触媒や製鋼会社やそういう日常、当たり前だったからね。

松田

私が小学校の時から尼崎は公害の町というイメージははっきりありました。

平田

ああ、知っているんですか?何年生まれですか?

松田

私は昭和31年ですので、一世代ぐらい若いです。

平田

どこでお生まれになったんですか?

松田

私は岡山です。田舎です。さっき疎開されていたのが。

平田

岡山のね、久米というところですわ。備前白石というところで岡山から国道二号線の倉敷へ行く途中の真ん中らへんのです。

松田

じゃあ近いですね。

平田

私もクボタショックでね、新聞記事を見てうちの弟もアスベストの影響を受けているのではないかなあと思って、電話したんです。そこに片岡さんと古川さんがいてはって、話を聞いてもらって、色々と資料を出したら、そうだということで。それで家族の会を通して交渉してもらったということですわ。

松田

郵政省の寮の関係では平田さんのケースが最初ですか?

平田

そうですね。もうすでに一昨年の時点では、二人亡くなってたんですよ。二人、三人か。うちの弟が平成元年の5月に亡くなったんですよ。それからうちの隣にいた人、三つ上の男性が平成9年に亡くなっているんですよ。この人は私より三つ年上だから昭和15年生まれだと思うんですよ。

松田

弟さんが元年に亡くなられたということは何歳でお亡くなりになられたのですか?

平田

41ですね。

松田

早いですね。

平田

それからもう一人が私と同学年なんだけども、この人は早行きで実質的には年は一つ下になると思うんだけれども。同じ組やったんでね。この人が亡くなったのが平成17年二月ですね、一昨年の二月やから、クボタショックの年ですね。60ぐらいやったんちゃいますかね。それで私のところに朝日新聞がきましてね、北島さんという亡くなった私より三つ年上の男性の奥さんが毎日新聞をとっていたんですよ。それで毎日新聞にこんなのが出ていたよって電話があって、それだから私のところは半日ずれたんです、それで次の日に朝刊にパッと載ったんですね。

松田

それは新聞に労働者安全センターの話として載ったのでしょうか?

平田

そうそう。だからそこで話を聞いてね、どっちにしろこれはクボタが絡んでいるなあと思ったので、その通りだったんですけども。それでクボタと交渉するのは安全センターが中心になった家族の会がね、窓口になりますということで。それで窓口になってもらってそこを通じて交渉してもらったんですよ。これが大島さんの新聞記事ですね、大島さんが最初に来てそれから朝日新聞で載って、これが土井さんですね、私より三歳ぐらい年下ですね。

松田

ああ、話をお伺いしました。去年の冬に行きました。

平田

武澤さんより先に聞きましたか?

松田

そうです。一番最初に中村さん、次に土井さん、武澤さん、その間にもう一人、胸膜プラークが重い建設関係の方。クボタとは直接関係ない方です。中村さんもですね。さっき寮の方で[亡くなった方がいるという話を伺ったんですが]。

平田

奥さんから電話があって次の日に私が新聞を見て、それで電話したんですよ。それで寮の中ではうちの隣の人も実は中皮腫で亡くなったということで、北島さんというんですけどね、それで北島さんの奥さんと私と二人で安全センターの事務所の方に行ったんですよ、資料を持って。そうしたら早速クボタに申請しますんで資料を集めてくださいと。それで資料を集めて、それで寮から昭和44年だったかな、老朽化して、廃止になったんかな、もうみんなばらばらになったんですよ、昭和44年で全国あちこちに分散して。もう(交際は)ないですわ、一部の人とはありますけど。

1 2

上に戻る | 教育研究活動の一覧へ戻る