神戸大学大学院人文学研究科倫理創成プロジェクト

教育研究活動 > 学術雑誌『21世紀倫理創成研究』 > 刊行趣旨および投稿規定

刊行趣旨および投稿規定

『21世紀倫理創成研究Journal of Innovative Ethics』第11号 原稿募集


趣旨

雑誌『21世紀倫理創成研究』は、平成19年度の人文学研究科改組を契機に、文化学研究科の『倫理創成講座 ニューズレター』を改編し、現代の先端的学際的な倫理創成研究によりふさわしい研究誌として再出発させたものです。人文学研究科の財政的支援を受け、神戸大学の他部局、海外も含めた、他大学や民間の研究者からの寄稿および人文学研究科の大学院生の投稿論文など、多くの論文を掲載してきました。発行数は250部です。掲載論文は、神戸大学学術成果リポジトリにも登録されることで、学内外から多くのアクセスを受ける場合もあります。
 スタッフ一同、この雑誌を「倫理創成プロジェクト」の研究紀要として、研究科内外の21世紀の倫理創成に関する優れた研究成果を掲載する、先端的で開かれた学術雑誌として発展させるべく、努力してきましたが、現在は、「21世紀が求める新しい倫理システムの創成的研究」に関連する研究成果の発表を中心に編集しています。具体的には「リスク社会の倫理システムの構築」と「多文化共生の倫理システムの構築」という二つの主題に関する人文学の多様な観点からの研究成果の掲載を通して、この分野の教育・研究を推進し、また同時に社会に対しても関連する重要な情報の提供を行うことを目指しています。さらに科学技術とグローバル化によって特徴づけられる時代に対応した新しい倫理システム創成のための教育と研究という観点から従来の学問の枠組みに収まりきらない先駆的な研究にも門戸を広げていきたいと考えています。

1.論文応募要領
  1. 倫理創成研究に携わる院生、研究者、その他、編集委員が適当と認める者が投稿できる。
2.投稿論文の受付
  1. 投稿締切: 2017年10月末日
  2. 投稿方法: 神戸大学人文学研究科・松田毅、嘉指信雄研究室にE-mailで送付する。
    e-mail: tmatsuda(あっと)lit.kobe-u.ac.jp, kazashi(あっと)lit.kobe-u.ac.jp
    (注:お手数ですが、送付の際は(あっと)を半角@にご変更ください。)
  3. 掲載の可否は編集委員会で決定する。
3.投稿論文のカテゴリー
  1. 論文
  2. 研究ノート
4.論文・研究ノートのフォーマット

和文論文の場合は、横書き14000字以内(400字詰め35枚)、欧文論文の場合、5000語以内。ただし編集委員が認めた場合にはこの限りではない。研究ノートは論文の3分の2の字数を目安とする。

5.投稿論文の審査

ブラインドレフェリー制とし、無条件採用、条件付き採用、不採用のいずれかを編集長が投稿者に通知する。ブラインドレフェリー制を徹底するために、応募論文の著者名は記入しない。

6.論文のネット掲載について

投稿に際しては、倫理創成プロジェクトもしくは倫理創成プロジェクトの委託した第三者が、電子的に複製・保存し、公衆送信(公衆送信可能化を含む)することに著者が許諾したものとみなす。

上に戻る | 学術雑誌『21世紀倫理創成研究』へ戻る | 教育研究活動の一覧へ戻る