神戸大学大学院人文学研究科倫理創成プロジェクト

防災に関連する研究成果や情報

bousai_image

防災に関する人文学的研究

阪神・淡路大震災から10年以上が経過し、被災地からはその爪あとは消えつつあります。そのなかで、わたしたちの日常生活において実践される「防災文化」の重要性が提唱され、さまざまなレベルでの取り組みが行われてきました。しかしながら、大震災直後に高まった個人・地域の防災意識は、時の流れを経て低下しつつあるといわれています。

防災文化・防災教育とは、災害・リスク・ハザードなどに対して、それらが起こる前に人々の日常性の中に浸透する、防災に資するような生活意識のことを意味します。ここでは防災教育として、住民、地域社会、行政、防災機関、NPO/NGOなどあらゆるステークホルダーを巻き込み、市民生活の一部となった社会関係資本(social capital)としての防災文化の構築・制度化・普及をめざしています。


活動実績

神戸大学による防災教育への取り組み

これまで開かれた主な研究会・シンポジウム

上に戻る | 教育研究活動の一覧へ戻る